Money for Good【SMBC日興証券】

「Money for Good」公式アカウントです。社会をよくするお金の循環を共につく…

Money for Good【SMBC日興証券】

「Money for Good」公式アカウントです。社会をよくするお金の循環を共につくるため、様々な情報をお届けします。「Money for Good」では読者の皆さまからの各記事への「スキ」の数に応じて、SMBC日興証券がNPO団体へ寄付を実施します。

マガジン

  • サステナビリティ×投資の最前線!

    • 9本

    マガジン「サステナビリティx投資の最前線!」ではMoney for Good と大手資産運用会社である三井住友DSアセットマネジメントが共創し、ESG投資の最前線の情報をお届けします。投資において着目すべきポイントに加え、具体的な企業の取り組み事例などを解説いたします。

  • #推したい会社

    投稿コンテスト「#推したい会社」のまとめ(募集期間:2023年7月14日~8月13日)。よい企業活動でみんながWin-Winの関係になる。そんな、あなたが誰かに教えたくなる「好きな会社とその理由」についての投稿を「#推したい会社」で募集。

  • 見える!ESG/SDGs

    • 7本

    マガジン「見える! ESG/SDGs」ではMoney for Goodと国内最大級の非財務データバンク「TERRAST(テラスト)」を提供するサステナブル・ラボとが共創し、社会課題や企業の取り組みを、具体的な事例(定性的な情報)とデータによる可視化(定量的な分析)の両面から取り上げ、ESG/SDGsの一つ一つの課題を「見える化」していきます。

リンク

最近の記事

  • 固定された記事

社会をもっと良くするお金の循環をつくる「Money for Good」

お金の循環の偏りが引き起こす、さまざまな社会問題 あなたが「お金」に触れるとき、それはどんなときでしょうか。商品やサービスを購入する、生活をする、銀行にお金を預ける、仕事をしてお金を稼ぐー。 日常の中で、お金を使う機会は多岐に渡ります。最近ではモノやサービスを購入する際、キャッシュレス決済をはじめ、ワンタッチで気軽に行えるようになりました。一方で、社会が複雑化するにしたがって、株価や経済の動きなどが私たちの生活にどう影響しているかがわかりづらくなっており、お金の循環が一部

  • 人的資本を「可視化」しよう!

    提供元:三井住友DSアセットマネジメント(責任投資推進室 シニアアナリスト 木本 泰久)   統合報告書での人的資本開示の義務化が今年度よりスタートしたことから、人的資本への注目度が高まっていることを実感します。   近年、ESG投資(環境・社会・ガバナンスにおける非財務指標を考慮する投資)が一般化して来ましたが、これまでは環境(E)の気候変動対応への注目が高かった印象です。それが、2022年4月よりプライム上場企業に対して、気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)に準

    • その指、とめて。エンタメに負けない面白さで社会を知る1分動画。RICEメディア代表・トムさんの挑戦

      ほんの1分、されど1分。スクロールする指をとめた1分間にできるのは、「知る」ということ。   「日本一面白く社会を知れる」とうたう動画メディア「RICEメディア」は、困りごとを解決する画期的な技術や、困難な状況にある人を助ける事業など、社会のために良い取り組みを取材しています。   わかりやすいショート動画がバズる度に、多くの視聴者の心を掴み、チャンネル登録者数は34万人を突破するまでに急成長。表情豊かでユーモラスに、時に体を張った企画で発信する同メディア代表のトムさんを訪ね

      • 日常的なVisaのタッチ決済で、身近な社会課題の解決に寄与。「タッチハッピー」で支援する海洋プラスチックごみ問題と防災教育に取り組む団体のストーリー。

        あなたが「お金」に触れるとき、それはどんなときでしょうか。商品やサービスを購入する、生活をする、銀行にお金を預ける、仕事をしてお金を稼ぐー。 日常の中で、お金を使う機会は多岐に渡ります。最近ではモノやサービスを購入する際、キャッシュレス決済をはじめ、ワンタッチで気軽に行えるようになりました。いつも通り生活しながらも、普段購入する商品やサービス、使用するクレジットカードの選び方などを少し変えるだけで、社会によいお金の循環が大きく広がります。 三井住友銀行のOliveアカウン

      • 固定された記事

      社会をもっと良くするお金の循環をつくる「Money for Good」

      マガジン

      マガジンをすべて見る すべて見る
      • サステナビリティ×投資の最前線!
        Money for Good【SMBC日興証券】 他
      • #推したい会社
        Money for Good【SMBC日興証券】
      • 見える!ESG/SDGs
        Money for Good【SMBC日興証券】 他

      記事

      記事をすべて見る すべて見る

        大切な人にこそ贈りたい「エシカルギフト」

        あっという間の2月、バレンタインデーが近付いていますね。最近では贈り物を好きな人に渡すだけでなく、お世話になった人や自分自身へのご褒美として買うという人も増えてきています。そんな贈り物を、寄付に繋がるものや、フェアトレードなど優しいお金の使い方をしてみるのは、いかがでしょうか? バレンタインデー、ホワイトデーと贈り物を意識する季節、「社会をよくするお金の循環」に繋がるMoney for Goodな商品をご紹介します。 フェアトレード商品今ではスーパーなどでも見る機会が増えた

        大切な人にこそ贈りたい「エシカルギフト」

      • インド洋の海水温変化が日本の猛暑に影響?異常気象をもたらす「テレコネクション」

        提供元:三井住友DSアセットマネジメント(責任投資推進室 アナリスト 泉山 直哉)   気象庁は、2023年夏(6〜8月)の日本の平均気温が平年より1.76℃高く、1898年の統計開始以降最も高い値となったことを発表しました。 気候変動に関する研究が進む中で、異常気象をもたらす原因として遠く離れた別々の場所で観測された海水温や気圧などの気象データが互いに相関をもって変動する「テレコネクション」が注目されています。 気候変動は私たちの生活のみならず企業活動に多大な影響を及ぼ

        インド洋の海水温変化が日本の猛暑に影響?異常気象をもたらす「テレコネクション」

        地域と旅人を結ぶ「おてつたび」。代表・永岡里菜さんが見たい世界のすがたとは

        日本国内には1,700以上もの市町村があることをご存知ですか。それぞれの風土の中、地域で暮らす人々が日常生活を営んでいます。一方で、高齢化や人口減少、労働力を要する季節の人手不足など、地域課題は尽きません。   2018年に始まった「おてつたび」は、人手不足に悩む地域と、見知らぬ土地への旅を楽しむ人々を繋ぐ、求人のマッチングプラットフォームです。  出掛けた先で仕事をし、人や地域と出会う体験を通じて課題解決の一助となる「おてつたび」は、旅=散財という概念を打ち消し、旅=新し

        地域と旅人を結ぶ「おてつたび」。代表・永岡里菜さんが見たい世界のすがたとは

        新しい自分と出会えるエシカルファッションサービス。楽しみながら、自分も社会も心地よく

        自分に似合うファッションを楽しみながら、エシカルに 本当に自分に似合うファッションを楽しみながら、新しい自分に出会いたいし、エシカルも取り入れたい。   でも、日々の忙しさから考える時間が取れない。とりあえず流行の服やオーガニックブランドの服をECサイトで購入してみたものの、自分には似合わないと感じ、結局クローゼットに眠っている、といった経験はありませんか。   また、そんな失敗を繰り返してしまうのではないかという不安や、良さそうと思ったものの値段が高くて手を出しづらかった

        新しい自分と出会えるエシカルファッションサービス。楽しみながら、自分も社会も心地よく

        つくりたい未来を、ふるさと納税で。地域のサステナブルな取組を応援できる寄付先や仕組みをご紹介

        「ふるさと納税」を通して、描きたい未来は? 2023年の終わりが近づいていますね。今年のふるさと納税の申し込み期限ももうすぐそこ。駆け込みで検討している人も多いのではないでしょうか?寄付を通じて得られるおいしそうな返礼品や役に立つ返礼品も魅力的ですが、ふるさと納税は社会課題の解決に密接にかかわるものです。   ふるさと納税の返礼品の中には、たとえば、地域で廃棄予定だったものを材料としてアップサイクルしたものや、地域の伝統文化の活性化につながるようなもの等があります。   ま

        つくりたい未来を、ふるさと納税で。地域のサステナブルな取組を応援できる寄付先や仕組みをご紹介

        ちょっと待って!それって本当に捨てるだけ?

        12月も残りわずか、大掃除を始められる方も多いのではないでしょうか。最近では、モノを捨てるときに「1年使わなかったら捨てる」などの判断軸を決めている方もいると思います。 そんなとき、皆さんは服も家電も全部まとめてゴミとして出されていませんか?実はそれ、まだ使えるかもしれないし、他の人が欲しいものかもしれないです。 今回は、生活者が使わなくなった製品を集めている企業をご紹介します。 不用品をゴミ袋に入れる前に一度立ち止まって、ゴミではない行き先を考えてみてはいかがでしょうか

        ちょっと待って!それって本当に捨てるだけ?

        盛岡でヘラルボニる!

        最近、注目されている日本の都市のひとつとして「盛岡」があげられるのではないでしょうか。その背景にはニューヨーク・タイムズ「2023年に行くべき52カ所」に盛岡市が選ばれたことがあげられます。ですが、今回Money for Goodではヘラルボニーの聖地(地元)としてご紹介します。盛岡でヘラルボニーを満喫する旅をお届けします。 ヘラルボニーとはどんな会社先日発行の記事でも、障がいを「個性」と捉える社会に向けて取り組む企業としてヘラルボニーを取り上げましたが、再度ご紹介します。

      • ブロックチェーン技術はESG債の市場参加者に恩恵をもたらすか

        提供元:三井住友DSアセットマネジメント(運用企画部 兼 責任投資推進室 シニアアナリスト 深代 潤)   ブロックチェーン技術というと、ほとんどの人がビットコイン等の「デジタル通貨」を連想されるでしょうが、ブロックチェーン基盤を利用した社債型セキュリティ・トークン「デジタル債」についてはまだ馴染みがないと思われます。日本では2022年6月に日本証券取引所グループ(JPX)が日立製作所、野村證券、BOOSTRYの3社と協業し、デジタル債普及を目的に国内初のデジタル環境債を発行

        ブロックチェーン技術はESG債の市場参加者に恩恵をもたらすか

        障がいを「個性」と捉える社会に向けて取り組む企業

        皆さんは、「障害者週間」を知っていますか? 障がい者と聞くと身近ではないと思われる方もいるかもしれませんが、人口の約9.2%は何らかの障がいを有しています(令和5年度版障害者白書)。今回は障がい者支援や障がい者雇用に関連する企業や企業の取組みをご紹介します。皆さんに障がい者の支援について知ってもらうきっかけになればと思います。 社会を変えたいと強く願う、熱い想いを持った企業 障がい者支援というと、公的サポートをイメージして役所の仕事だと考える人も少なくないかもしれません。

        障がいを「個性」と捉える社会に向けて取り組む企業

        統合報告書をみてみよう

        提供元:SMBC日興証券 Money for Good編集部 Money for Good と三井住友DSアセットマネジメントが共創し、ESG投資の最前線の情報をお届けするコラボマガジン「サステナビリティx投資の最前線!」。前回、三井住友DSアセットマネジメントは「統合報告書を読むポイント」を取り上げてくださいました(「統合報告書を読むポイント」(2023年10月26日))。今回、Money for Goodでも各企業取組みなどを紹介しながら統合報告書について掘り下げたいと

        「エシカル就活」知っていますか?

        「Money for Good」では、お金の良い循環で社会課題解決を目指しています。2022年11月17日に公開した記事(社会をもっと良くするお金の循環をつくる「Money for Good」)では5つのカテゴリー(「#かう・つかう」、「#ためる・あずける」、「#まもる・そなえる」、「#ふやす」、「#うみだす」)別に、社会を良くするお金の使い方の代表的な例を取り上げました。 社会問題を解決するために事業をうみだし、起業してソーシャルビジネスに挑むことも、多くの人を巻き込みな

        「エシカル就活」知っていますか?

        長崎県五島市から日本の未来を考える

        百閒は一見に如かずということわざがありますが、新型コロナウィルスで外出規制を経験してきた今、実際に体験できることのありがたさを実感されている方も多いのではないでしょうか?証券会社においては各企業の調査を担当する証券アナリストも工場見学など現地視察を定期的に行う人は少なくありません。やはり現場で見聞きできることから得られることは大きいのです。先日Money for Goodではメンバーズ主催のツアーで長崎県五島市に訪問してきました。今回は長崎県五島市から日本の未来について考えて

        長崎県五島市から日本の未来を考える